ピッチングのテイクバックで腕を大きく広げて投げるのは間違い?!

私が小学生で投球フォームを教わったときは、テイクバックでは腕を大きく広げて背中側から回してトップを作るように教わりましたが、息子のチームのコーチはテイクバックは小さい方が良いと言っています。確かに息子はテイクバックがぎこちないのですが、こういう場合はあまり腕を大きく広げない方がいいのでしょうか?
テイクバックは小さくて構わないと思います。ただ背中側へ肘が入りすぎると引っかかりが起こるので背部の柔軟性と連動性を意識させた指導をするといいですよ。

確かに最近の学童野球のピッチング指導はコンパクトなテイクバックが流行ってきましたね。後ろ小さく前大きく。これはエネルギーを加算させる投げ方には非常に効率のいい動きですからしっかりフォーム作りをしてください。肘を背中側へ引きすぎると肩甲骨がぶつかってしまうポジションがありますがそこを気を付けて指導すると上手くいきますよ。いわゆる0ポジションを上半身全体で作りだすという動作です。

滑らかなテイクバックで綺麗なピッチングフォームを目指す

page top